福貿國際展覽
上海福貿展覽服務(wù)有限公司-日本展會(huì )-組展組團14年-專(zhuān)注 專(zhuān)業(yè) 信賴(lài)
設為首頁(yè) | 收藏本站

InBody人の體は大きく分けて體水分?タンパク質(zhì)?ミネラル?體脂肪を定量的に分析し、栄養狀態(tài)に問(wèn)題がないか、體がむくんでいないか、身體はバランスよく発達しているかなど、人體成分の過(guò)不足を評価すること

2

InBody體成分分析とは?

人の體は大きく分けて體水分?タンパク質(zhì)?ミネラル?體脂肪を定量的に分析し、栄養狀態(tài)に問(wèn)題がないか、體がむくんでいないか、身體はバランスよく発達しているかなど、人體成分の過(guò)不足を評価することができます。

InBodyは體水分量が他の成分を求める基になるため、分子レベルの分析を採用しており、各成分は次のような役割をします。

體水分

體水分は人體を構成する成分の中で一番多い成分です。體水分は摂取した栄養素を體の細胞に屆け、老廃物を體外に排出する役割をしています。InBodyでは體水分を細胞內水分と血液や間質(zhì)液などの細胞外水分に分けて測定しています。

タンパク質(zhì)

タンパク質(zhì)は體水分と共に筋肉の主な構成成分です。タンパク質(zhì)が不足すると細胞の栄養狀態(tài)が悪くなります。定期的な運動(dòng)やバランスの取れた食事を継続して筋肉量が増加すると、體水分とタンパク質(zhì)が増加していきます。

ミネラル

ミネラルは體重における理想的な割合が他の成分に比べると、とても少ないです。ミネラルは骨を構成する骨ミネラルと、血中に溶け込んでいる骨外ミネラルに分けられます。骨ミネラルは不足すると骨粗鬆癥や骨折の危険性が高まります。

體脂肪

體脂肪は多すぎると肥満やメタボリック癥候群の原因となります。しかし、少なければ少ないほど良いわけでもなく、ホルモンバランスの亂れや免疫力低下の原因となります。InBodyでは、測定された方それぞれの理想的な體脂肪量を提示します。

體成分を調べる方法

體成分を測定する方法はたくさんありますが、簡(jiǎn)単?迅速?正確に測定できる方法はInBodyが採用するBIA法だけです。

BIA法以外で體成分を調べようとすると、時(shí)間と費用をかけて専門(mén)家のサポートが必要です。次に、BIA以外の代表的な體成分測定方法をいくつか紹介します。

二重エネルギーX線(xiàn)吸収測定法(DEXA)

DEXA法は、2種類(lèi)の異なる放射線(xiàn)を照射し透過(guò)前後のエネルギー量減衰率から、體重を筋肉量?體脂肪量?骨ミネラル量に區分して測定します。DEXAは元々骨密度を測定するものでしたが、現在は體成分測定にも使用されており、筋肉量?體脂肪量等を部位毎で高精度に測定ができることから、體成分測定のゴールドスタンダードとされています。測定時(shí)間が長(cháng)く、非常に高価な機器で、手軽に測定することはできません。

空気置換法

密閉されたチャンバー內に入り、空気の圧力変化を測定して、人體の體積と身體密度を測定します。水中體重法(水中に潛り水中での體重と大気中での體重との差から身體密度を計算して算出するもの)と同じ原理を利用しており、體脂肪量?除脂肪量測定のゴールドスタンダードとして知られています。水中體重法と比べると、測定時(shí)間も短く被験者への負擔も少ない方法です。

核磁気共鳴畫(huà)像法(MRI)

MRI法は人體の內部を畫(huà)像で確認する手法の一種です。人體の斷面をスキャンして得られた斷層畫(huà)像から、骨格筋量や脂肪組織などの各組織の量的評価?質(zhì)的評価を行います。とても強い磁石を使用して長(cháng)時(shí)間測定するため、體內外に金屬が存在する方は測定することができず、高齢者?子ども?閉所恐怖癥患者などの測定はお勧めできません。

キャリパー法

體脂肪を測定する方法の1つです。キャリパーと呼ばれる機器を用いて、皮下脂肪の厚さを実測します。キャリパーは簡(jiǎn)単に持ち運びができ、費用も安く済みます。測定した皮下脂肪の厚さを基に全身の體脂肪率を算出します。皮下脂肪の厚さは多くても7カ所ほどしか測定せず、體脂肪の分布が異なる方の場(chǎng)合、正確に測定することができません。また、測定結果が測定者によっても変わってしまうことから、再現性や精度は高くありません。

健康評価に體成分を用いる意義

BMI(Body Mass Index)は臨床現場(chǎng)で広く活用されているにも関わらず、體重変化を評価するには不十分な指標で、多くの限界があります。

InBodyが採用するDSM-BIA法では、筋肉量や體脂肪量等の體重を構成する成分をそれぞれ分けて算出することができるので、健康狀態(tài)をより詳細に把握することができます。

BMIの落とし穴

BMIは體重を身長(cháng)の二乗で除することで算出され、個(gè)人の健康狀態(tài)を評価するために使用される一般的な指標です。 BMIは身長(cháng)に対する體重の比率に過(guò)ぎませんが、その比率で低體重?普通體重?肥満であるかを決定します。

しかし、BMIは臨床現場(chǎng)で広く活用されているにも関わらず、多くの限界があります。身長(cháng)と體重のみで算出されるため、體重が変化した際に筋肉が増えたのか體脂肪が増えたのかを判斷することができません。BMIは體重変化を評価するには不十分な指標で、これだけで體型評価を行うと誤解を招く恐れがあります。

BMI體脂肪率に注目

InBodyが採用するDSM-BIA法では、筋肉量や體脂肪量等の體重を構成する成分をそれぞれ分けて算出することができます。

健康狀態(tài)をより詳細に把握するためには、BMIだけでなく體重に対する體脂肪量の割合、つまり體脂肪率を確認する必要があります。體脂肪率は高すぎても低すぎても良くありません。體脂肪率が高い狀態(tài)は肥満や生活習慣病の原因に、體脂肪率が低い狀態(tài)は免疫不全やホルモンバランスの亂れの原因となるためです。

InBodyで提供される體脂肪率の理想値は、男性15%(標準範囲: 10-20%)、女性23%(標準範囲: 18-28%)です。この標準範囲から大きく外れないよう、適切な筋肉量と體脂肪量のバランスを維持しましょう。

PBF正しい體型評価

InBodyの體型評価では、BMIと體脂肪率を組み合わせて體型を評価しています。BMIは體重のみの評価なので、體脂肪率と組み合わせて見(jiàn)ることで実際に近い體型が分かります。

體脂肪率の標準値?標準範囲は性別によって異なります。18歳未満は年齢や成長(cháng)度によってBMI?體脂肪率の標準範囲が異なります。



2023日本國際體育健身運動(dòng)展覽會(huì )

SPORTEC JAPAN 2023

夏季東京展: 2023年8月2-4日     

展館:東京有明國際展覽館TBS

主辦單位 : SPORTEC実行委員會(huì )

推薦指數:日本非常大影響力非常廣的専業(yè)體育用品展

中國總代理:上海福貿展覽服務(wù)有限公司

展會(huì )規模:1500個(gè)展位,900多家參展商

觀(guān)展商數量: 56216人(2019年 )

參展熱線(xiàn):Mr張15821106898微信


成全视频观看免费高清中国电视剧| 国产乱女乱子视频在线播放| 樱桃视频在线观看| 阴桃直播| 四虎网址| 挽起裙子跨开双腿运动| 三年在线观看免费完整版中文| 夜夜欢天天干| 久久丫精品忘忧草西安产品| 狠狠色婷婷久久一区二区三区|